申込む前の心構え

タクシードライバー年収

収入に対する管理を徹底

タクシードライバーの給与体系は特殊であるため、タクシー会社に就職するにはまず心の準備として、収入に対する強い管理意識が必要です。それは、タクシードライバーの給与体系に一般的なサラリーマンとは違って、「歩合給」が採り入れられているからです。タクシー会社の基本的な給与体系は「基本給+歩合給+賞与」です。ただ、各支給項目におけるパーセンテージはタクシー会社ごとに異なります。歩合給というのは営業成績を反映させた給与のことですが、乗車業務における月の売上の内、タクシー会社の定めた基準を超えた額が対象になり、毎月支給される分と賞与として支給される分に分かれます。つまり、タクシー会社の賞与というのは歩合給の後払いということです。他方、タクシー会社における給与体系として「完全歩合給制」も少なくありません。月の売上に歩合率を掛けたものがそのまま給与になるため、頑張った分だけ収入に反映されます。ただ、基本給+歩合給制に比べると、月ごとに収入の開きが大きくなるため、収支簿をつけることが重要になります。ところで、長年続いた不況からタクシーの利用者が減ったことでタクシードライバーの年収が落ち込み、東京都ではタクシードライバーの平均年収は400万円を割っていましたが、平成28年度はアップして443万円になっています。平成28年度の全国のサラリーマンの平均年収が421万円であることから、悪い年収ではありません。ちなみに、タクシードライバーの中には600万円の年収を稼ぐ人もいますが、そのためには1日の売上として7万円(平均売上は約5万円)を稼がなければならないため、簡単には到達しません。